From howto-request@jodo.sci.toyama-u.ac.jp Fri, 9 Jan 1998 09:45:40 +0900 (JST)
Date: Fri, 9 Jan 1998 09:45:40 +0900 (JST)
From: shugo@jodo.sci.toyama-u.ac.jp (Shugo Matsubara)

 松原です。

>> 『おんぐすとろーむ』Aに◯まるのついたあれです。
>> あれって、Texでは、どないしたら書けるのでせうか。
>> スウェーデン語に、似た文字はあるようなのですが。。。

 少し不恰好ではあるが、 LaTeX2e では

\documentclass[10pt,a4j]{jarticle}
\usepackage{amsmath}
\begin{document}
\begin{eqnarray}
\overset{\circ}{A}
\end{eqnarray}
\end{document}

でうまくいく(第2行目に注意)。

 もっとうまい(きれいに出力できる)方法があるかもしれない。


## howto@jodo.sci.toyama-u.ac.jp に参加されている方々への提言 ##
 このような(一部の方には)初等的と思われる内容の質問を
howto@jodo.sci.toyama-u.ac.jp 宛に流すことに対し、少なからず
抵抗を感じる人が存在しているように 私は思います。

 これは、howto@jodo.sci.toyama-u.ac.jp に参加されている方々それぞれの
コンピュータの知識に大きな差があることに起因していると考えます。

 howto@jodo.sci.toyama-u.ac.jp をメールを介した通信教育の場と
考えるなら、現在のこの状況は質問する側および質問される側にとって
不幸なものではないでしょうか。
 私は「自己教育・自助努力」という考え方に賛成です。
しかしこの現状は howto@jodo.sci.toyama-u.ac.jp が(2研のコンピュータ群が)
果たすべきその役割を(期待される成果を)全うしている(あげている)とは
「私には」思えません。

 そこで、私は提案します。
 howto@jodo.sci.toyama-u.ac.jp よりも elementary な公開質問アドレスを
新たに作り、有志による参加を求める。
 もしくは all-students@jodo.sci.toyama-u.ac.jp にその役割を持たせる
というのはいかがでしょうか。

ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss
  松原 修吾  Shugo MATSUBARA
   富山大学 大学院理学研究科 物理学専攻 修士課程2年
   E-mail; shugo@jodo.sci.toyama-u.ac.jp
   URL; http://jodo.sci.toyama-u.ac.jp/~shugo/
ssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss